クレカの審査落ちは、その後が一番大事。再申込は戦略的に段取りしよう。

クレジットカード審査

クレジットカードの審査に一度落ちても、二度落ちても一生カードが持てないわけではありません。どのような段取りで申込を実行するか、戦略的に考えれば必ずカードホルダーになれます。

クレジットカードの審査落ちは、誰もが経験するプロセス

クレジットカードの審査に落ちることは珍しいことではありません。クレジットカード会社から明確な審査基準や審査条件が開示されているわけではないため、誰もが審査落ちする可能性を秘めています。だから、審査落ちだとしても、落ち着いて次の審査に臨みましょう。

審査に落ちたら、すぐに再申込するのは絶対厳禁。まずは戦略を立て直そう。

審査に落ちたからといって、すぐ立て続けに申込を繰り返すことは審査に通らない確率をあげるだけです。一度審査落ちした時点で、他社カードも同じように審査落ちは目に見ていると思って下さい。私の知人は、それを知らずに申込と審査落ちを3回ほど繰り返しました。

徐々に審査が通りやすいと言われるカードに格下げし続けていたにも関わらず、全滅でした。これはクレジットカード会社は「他社の審査に落ちた人」を自社会員として取り込むべきかを慎重に判断すべきだからです。なぜ、他社のクレジットカード会社が審査したかどうか分かるかといえば信用情報機関に照合するからです。他社の審査に落ちて、すぐに自社クレジットカードに申込してきた人は自動的に足切りするのが通常です。

一度審査落ちを経験したら、半年は再チャレンジしないほうが得

一度でもクレジットカード審査に落ちたら一生カードが作れないわけではありません。審査落ち直後の再審査が自動却下の対象なだけです。では、どれほど待ってから再申込を行えばよいかといえば、半年です。「クレジットカード審査に落ちた人間である」この情報は個人信用機関に半年間登録され続けます。

この情報は、金融事故の金融ブラックリスト情報ではありませんので、半年間で削除されます。従って、半年間待てば、初めてのクレジットカード申込と同じ審査が行われます。ただし、何が原因で審査落ちしたのかはどのクレジットカード会社も開示していません。

年収や勤務年数などの条件がアップしていないなら、同じクレジットカード会社に再申込しても意味がない

当たり前ですが、審査に落ちたクレジットカード会社に再度申込をしても同じ理由で落ちることでしょう。年収が半年で大幅にあがったり、ローン残高が劇的に減ったのならまだしもスコアリング審査に影響しそうな条件が変わっていないなら、再申込は意味をもちません。

再申込時は、1度めのクレジットカード会社とは別のクレジットカードを申し込む

特定のクレジットカードにこだわらないのであれば、1度めに申込をしたカード以外のクレジットカードに申込みし、まずはクレジットカードを保有することを再優先に置きましょう。その後、クレヒス修行しながら、次の本命クレジットカードに申込したほうが戦略としては正しいです。

クレカ審査難易度を1段下げて申し込むのが、再申込の絶対的なルール

  1. 銀行系クレジットカード(東京三菱UFJ銀行のVISAなど)
  2. 独立系クレジットカード(アメリカンエクスプレスなど)
  3. 信販会社系クレジットカード(アプラス、JACCSなど)
  4. 通信・流通系クレジットカード(NTT、楽天、イオンなど)
  5. 消費者金融系クレジットカード(アコムなど)

世間一般の理解として1の銀行系が審査難易度が高く5が審査難易度が低いと言われています。初回の申込時に3信販系であったなら4か5のクレジットカードを申込むべきです。上位を狙っては審査に通過する確率は低下するだけです。まずは、クレジットカードを手に入れることだけ考えましょう。

アコムクレジットカード審査のカラクリ。甘い審査基準なのに厳重な審査ってどういうこと?

アコムマスターカード

消費者金融大手アコム社が発行するクレジットカード、アコムマスターカードは審査が甘くて有名ですが、実際は嘘です。一般のクレジットカード会社では機械的に足切りされてしまう人にも、幾重もの質問を投げかけ、厳重な審査の上に発行しているのです。審査が通らない人でも、生活の全てを丸裸にされてよければ発行できる可能性は大いにあるクレジットカードです。

アコムマスターカードは、審査が最も甘いカードの代表格

アコムマスターカード

アコムマスターカードは、消費者金融大手のアコムが発行するクレジットカードです。クレジットカード偏差値では最低位に位置づけられており、最後の砦として君臨しています。というのも、審査が甘く多少の金融事故があっても審査が通ると言われているからです。

ネットショッピングならまだしも、通常の店舗ショッピングでアコムマスターカードを提示して買い物するには少し躊躇してしまうのも事実。クレヒス修行用に利用するという手もあるため、一定の需要はあります。

アコムクレジットカードは審査基準は甘いが、質問攻めに合う

確かに審査は甘く、取得しやすいカード

アコムのカードは審査難易度は確かに低い、甘いです。銀行系・独立系がトップに君臨し、信販系、小売・流通系・そして最後に消費者金融系と難易度は低くなっていきます。このカードはキャッシングやリボ払いがメインのため、審査は甘くなる傾向になります。

個人信用情報機関に遅延等のネガティブ情報があれば、銀行系カードは審査で落としてきます。アコムマスターカードでは、遅延が解消されているのであればカード発行になる可能性があります。

過去に多重債務者となり、かつ自己破産の経験がある人でも個人信用情報にネガティブ情報が消えていれば、審査通過ができます。「夜明けの一枚にアコムマスターカード」と呼ばれるのは、自己破産後の5年或いは10年間の喪中期間が明けた最初の一枚としてよく利用されるからです。

また、最近ではショッピング枠とキャッシング枠を大幅に落として、今ではショッピング枠5万円、キャッシング枠10万円の契約で発行されることもあり、利用可能な枠を限りなく低くすることで、発行枚数を稼ごうとしているアコム側の経営方針が見て取れます。

しかし、執拗な審査に耐えぬく忍耐力が必要です

クレジットカードと言っても、実際は消費者金融やサラ金と同じ基準で発行されると思って構いません。ということは、クレジットカードの審査方法も消費者金融と似てくるわけです。審査の段階で、聞かれたくないことまで、色々と聞かれるわけです。

例えば、月収はもちろん家賃がいくら、生活費はいくら、何に使っているのか、家族はどこにいてどんな生活しているのかなど、生活の全てをオープンにすることが求められています。在職審査はほぼ間違いなくされれと思っていたほうがいいです。

実際は審査が甘いというよりは、他クレジットカード会社が機械的に足切りする申込者にも厳重な審査をして発行しているということ。

アコムは甘い、アコムは誰でも審査通過すると都市伝説のように語れています。しかし、審査の過程ではプライベート情報を丸裸にし、アコムに全てを開示する勇気と覚悟が必要になります。

他クレジットカード会社では、経営判断で機械的に足切りしている層(元ブラックや多重債務傾向にある人)にも、厳重な審査をかけます。そして、どうにかしてカードを発行できる人を探しだしているのがアコムカードです。

従って、審査が甘いから最後の砦として簡単なカードと考えている人が多いですが、かなり厳密に本人確認、所得確認、在職確認を実施してから発行されるカードなだけです。

審査前に覚えていて欲しいアコムマスターカードの特徴

アコムマスターカードは、あくまでも消費者金融会社が発行するクレジットカードであることを忘れてはいけません。一般のクレジットカードとの違いはいくつかあります。そしてそれは、あまり良い違いではありませんので、必ず納得した上で申込をしましょう。

  1. 海外保険等の付帯機能はありません
  2. キャッシングが主たるサービスのクレジットカードです
  3. 買い物をしてもポイント機能はついていません
  4. リボ払い専用カードです
  5. 買い物するだけで14%以上の金利がかかる
  6. ETCはついてきません
  7. ショッピング保険はありません

特に5番目は要注意です。仮にアコムマスターカードで10万円のショッピングをしたとします。これをリボ払いで月額3000円ずつ返済していくとします。完済するまでに支払う金利総額はいくらでしょうか?はい、28000円程度です。10万円の買い物に28000円の金利です。審査が通過して晴れてクレジットカードホルダーになったはいいけど、買い物するのに腰が引けてしまいます。この金利支払いを怠れば、またクレヒスに傷がつき、次のクレジットカード審査に影響を及ぼします。

クレヒス修行でクレジットカード審査に通らない確率を劇的減らす

クレヒス実物

クレジットカードの審査に通らない人のために、クレジットヒストリーをクリーンにする方法を詳しく説明します今や3億枚のクレジットカードが流通している時代に、クレジットカードを持たないなんて生きづらい世の中です。この方法通りにまずはクレヒス修行に耐え抜きましょう。。私の友もブラック状態で、現在クレヒス修行中です。

クレヒス(クレジットヒストリー)は、借金の履歴書のこと

クレジットカードだけに限らず、住宅ローンやキャッシング・ローン等で利用されている借金にクレジットヒストリーが密接に関わってきます。クレジットカードの審査が通らない理由はクレジットヒストリー、通称クレヒスが綺麗じゃないからです。クレヒスは借金の履歴書だと言え、履歴書を綺麗にすればクレジットカードの審査通過率は劇的に向上します。

仮にクレジットカードやその他借金を利用すると、その利用情報は信用情報機関に登録されます。誤解を恐れずに簡単にいうと、アコムで借りてもプロミスで借りてもクレジットカードを利用しても関係なく、あなたの履歴として1つにまとめられます。

クレヒスの内容は、契約をした年月日、過去の請求額、入金状況、遅延の有無などです。クレジットカードの審査では、このあなたの申込内容と同時に、この履歴書を取り寄せて参照します。あなたの知らない間に、借金の返済状況が各社で共有されているわけです。

クレヒス修行とは、履歴書に借金返済の履歴を蓄積すること

クレヒスは借金の返済情報を書く場所を言いましたが、支払い遅延側のマイナス情報とともに期限通りに払ったプラスの情報も蓄積されます。クレヒス修行とはクレジットヒストリーにプラスの情報を蓄積させて、クレジットカード審査に通らない確率を劇的に減らすことを言います。

なぜ修行と呼ぶのか?それは、クレヒスを磨くには一日二日で出来上がるものではなく、毎月の支払情報をコツコツと蓄積する修行のような忍耐が必要だからです。ただ、このクレヒスさえしっかりとしていれば、審査落ちの確率は劇的に減っていきます。

まずは、あなたのクレヒスがどんな状況なのか知ろう

クレヒスクレヒスと言っても、ネットで検索して出てくるものではありません。個人信用情報機関に情報開示の申請をして、初めて手に入る借金の履歴書です。まずは、クレヒス情報を取り寄せてみましょう。

クレヒス実物

クレヒス情報で注目して欲しいのは、赤枠で囲まれた場所です。ここには「$」マークが並んでいますが、これこそがプラスのクレヒスです。ドルマークは、「期限通りに支払われた」ことを意味します。このドルマークを1年以上並ばせることが、クレヒス修行です。

クレヒス情報の見方は9種類。$マークをポイントラリーのように貯めていこう

  • $:当月の請求額どおり入金されたもの(それ以上の入金も含む)
  • A:カード利用者の事情で入金がなかったもの(未入金)
  • -:当月、請求もなく入金もなかったもの(つまり使ってない)
  • B:カード利用者以外の理由で入金がなかったもの
  • C:入金されていないが、その原因が明らかでないもの
  • P:当月の請求額の一部を入金されたもの(一部入金)
  • R:カード利用者以外から入金があったものなど
  • Q:請求額に対して全額以上か一部か判断できないが入金されているもの
  • 「」:クレジット会社から情報の更新がなかったもの

簡単なクレヒス修行は携帯電話の分割支払い

クレヒス修行に携帯電話分割

クレジットカードが無いのにどうやってクレヒス修行をするのか?答えは携帯電話にあります。クレヒス修行は継続して支払いを完済することが重要で、金額の多さだけではありません。まずは、携帯電話の分割支払いから始めていきましょう。携帯電話を分割で払う契約も1つのクレジット契約です。クレジットカードを持つための最初のステップとして利用できます。

携帯電話の機種変更の時こそ、クレヒスチャンス。分割支払いで契約しよう

携帯電話の機種変更のときは、必ず分割支払いで手続きしましょう。毎月数千円ですが、クレヒス修行にはぴったりです。100万円のダイヤを分割で買うのと違って、10万円以下のショッピングだから審査自体が甘いです。ましてや、対面で行われることが多いため在宅審査や在職審査も緩い傾向にあります。

クレヒス修行中は絶対に$マーク以外はつけてはいけない

修行中に怠けたら師匠に怒られるように、クレヒス修行中も絶対に$マーク以外はつけてはいけません。$マークが何個ついたらセーフの世界ではなく、$以外がついたらアウトの世界です。ましてや携帯電話の分割支払いは1年か2年で終了してしまいます。つまりクレジットカードでクレヒスを更新するなら何年も修行でき$マーク以外は3年後には押し出されて消えてるかもしれません。

しかし、携帯電話分割支払いのみでクレヒス修行をする予定の人は支払い完了の月以降にクレヒスを更新する手段がありません。修行中は、絶対に$マークを取得し続けることを心がけましょう。これもクレジットカードの審査を通過させるための1つの儀式だと思って、耐え抜きましょう。

現在30歳以上でクレジットカードを持っていないならクレヒス修行は即実践

クレジットカードを一度も持ったことのない30歳以上の人は、クレヒス自体が存在していません。クレジットカード会社は、「お金持ちのご子息で、現金だけで生きてきた人」と思ってくれればいいですが、同時に「クレジットカードも持てない人、リスクのある人」と考えます。つまりクレジットカードの審査が通らない可能性を秘めているわけです。

これはクレジットカード普及率の統計上、クレジットカードを持たない30歳以上の人は少数派だから仕方ありません。本人の生まれた家庭や環境は審査時には見えてきません。統計上、リスクある人とみなされます。事前にクレヒス修行を実施しておくことを強くおすすめしておきます。

いつか取得したカードのためにも、クレヒス修行に耐え抜こう

ゴールドカードとクレヒス修行

クレジットカードを1枚も持っていない人はもちろん、現在クレジットカードを持っていてさらなるステータスカードを持つためにも、クレジットヒストリーに良い情報を蓄積するのは重要なことです。

携帯電話の分割支払いによるクレヒス修行は、修行の1つとして認知されていますが、もちろんクレジットカード利用によるクレヒス修行とはレベルが1つ落ちます。審査基準が低く、月額数千円の支払いですから、当然といえば当然のことです。

いずれ取得したいゴールドカードのためにも、今手元にあるクレジットカードで公共料金を支払ったりすることで、クレヒスに毎月記録される状態を作り上げることが肝心です。明日からできるクレヒス修行を必ず実践していきましょう。そうすれば、必ずカードは持てます。

クレジットカードの審査に落ちないために、注意すべき審査項目6つ

クレジットカード審査

クレジットカードの審査は、入会申し込みと同時に必ずクレジットカード会社による審査があります。この審査を通過しない限り、クレジットカードホルダーにはなれません。審査内容や判断基準はクレジットカード会社によって異なりますが、各社共通の項目があります。審査の共通事項6つをまずは理解し、必要な対策を済ませ、いつどのタイミングで入会申し込みをするか検討していきましょう。

クレジットカード入会申込み情報の機械的なスコアリング審査

クレジットカード発行のスコアリング審査ってなに?

クレジットカード発行枚数は3億枚を超えています。人口比では1人2枚以上クレジットカードを持っている計算になります。3億枚発行したということは、3億回の入会審査が行われたことになります。膨大な数の申込みに対して、手作業で審査することは現実的に不可能でカード申込者の入力情報をもとに機械的な審査をすることをスコアリング審査といいます。

勤続年数が3年未満なら2点、勤続年数が10年以上なら8点のようにカード申込毎にスコア(点数)をつけていき、審査基準点に満たないと審査に落ちます。このスコアリング審査で落ちれば、申込みから10分も経たずにカード発行不可のメールが届きます。クレジットカード会社が私達の何をみて審査しているのかチェックしてみましょう。

1.勤務形態による入会審査は、一時的な収入より安定した勤続年数が重要。

一般的には、安定性の高い公務員の信用度が最も高いと言われています。次に、一般企業の正社員ですが勤続年数が重要です。会社経営者、自営業、自由業の人は職種や勤務年数(経営する会社の社歴など)が大きく影響します。一時的な年収が高い低いよりも、勤続年数が非常に重要です。クレジットカードには限度額が設定されますので、年収が低ければ限度額を低くすれば済むのです。一方、一時的な業績によって年収が高い人はクレジットカード会社にとっては回収できないリスクがつきまといます。何よりも、中長期的にしっかりと利用と返済を繰り返してくれるクレジットカードホルダーになれる人が審査に通過しやすいです。

また、パート・アルバイト・契約社員・派遣社員のような非正規雇用者は、正社員よりはクレジットカードが作りづらいと言われています。しかし、これもまた都市伝説の1つです。現在の日本では雇用者のうち非正規雇用者が4割程度を占めるわけで、クレジットカード会社も限度額を低く設定するなどして門戸を広げているようです。アコムカードや楽天カードは比較的作りやすいです。

2.勤続年数による入会審査は、基準は1年以上。自営業なら3年以上がボーダーライン。

勤続年数あるいは経営・営業年数は、年数と比例して審査は通過しやすくなります。一般的には、勤続年数は1年以上がボーダーラインと言われています。転職を繰り返している人は、1つの会社に1年以上勤務している時に申込するのが良いタイミングです。それでは新入社員はクレジットカード審査に落ちるかと言えばそうではありません。しかし、自営業の方は要注意です。自営業を始めてから1年程度では審査に落ちる確率は高いです。ボーダーラインは自営業年数3年です。

3.審査基準に年収はあるが、気にしないでいい。重要なのは支払いの後ろ盾

審査基準に年収が重要だと言われていますが、実際は最重要ではありません。例えば、年収250万円(月収20万円)でも審査に通った事例はいくらでもあります。さらには学生でも主婦でも作れる時代です。年収の低い・高いだけを見るわけではなく、子供の有無やローンの有無など年収と想定される生活支出のバランスを見ながら審査を行います。年収が少ないからといって、額面で即審査落ちはありません。なので虚偽の年収記載をするよりは、恥ずかしがらずに正しい年収を記載して審査に臨みましょう。

虚偽の年収記載は審査落ちの1つの代表例です。クレジットカード会社は数多くの年収データベースがあります。同じ業種、規模、勤務年数、役職に応じて「恐らくの程度の年収だろう」という平均値がすぐに分かります。従って、年収300万円の人が450万と記載すれば、イレギュラーな人材として目をつけられることとなります。587万を600万に端数を調整する程度なら問題ないですが、基本的には端数調整以上の年収記載は控えておきましょう。

4.年齢による審査基準で意外と落ちるのは「30代で初めてのクレジットカード」

まず言えることは、80歳以上はほぼ審査は落ちます。それは資産家だろうと関係ありません。また50歳以上を過ぎると、審査に落ちる確率は徐々に上がっていきます。意外と盲点なのは、30代で初めてカードを作る人が審査に通りづらいということです。過去にローンやクレジットカードの申込をしたことがない人は、個人信用情報機関に全く情報が無いことになります。この状態をクレジットカード会社は過去にブラック状態だった可能性を疑います。

なので、20代のうちに年会費無料のカードに入会しておくか、30代なら消費者金融系や流通小売系のクレジットカードを作って、クレジットカードを利用した実績をコツコツを作り上げていくのが常套手段です。30歳を超えての初めてのクレジットカードで、かついきなりゴールドカードの審査に通ることはなかなか難しいです。今のうちに比較的審査が甘いカードに入会して、クレジットカード実績を作りましょう。それほど年齢は重要だということです。

5.大きな支出消費である住居関連(居住年数)もまた審査に影響する

クレジットカード会社には居住年数の審査基準もある。これは最低ラインとして1年と言われています。居住年数が1年以内の引っ越したばかりの人は、それだけで審査が落ちる確率は上がってしまいます。クレジットカード会社が居住地について調査するのは、申込時に確認する身分証明書の住所と入力された住所が同一か。また、住宅地図を使って存在する住所かどうか。さらにクレジットカード利用履歴のない人は住民票の提出を求められるので住民票を照会されるので、住民票の変更手続きをしていない場合などは事前に手続きを終わらせておきましょう。

入会審査に居住年数が影響を及ぼすのだが、それ以上に重要視されるのは居住形態です。これは持ち家か借家か、マンションか公営住宅かといったことが審査されます。一番審査が通りやすいのは、自己名義の持ち家です。一方でスコアが一番低いのが公営住宅や下宿です。これは何を意味するかといえば、「連絡不能になる確率順」です。要は、クレジットカード会社はカード保有者の返済が滞って連絡がつかなくなり最終的には回収不可能になることを最も恐れているのです。

6.電話がつながらないのは、問答無用で審査に落ちる

今では携帯電話が普通でしたが、10年前には固定電話の有無が審査に影響していました。居住形態と密接に関連していて、固定電話がある持ち家が最も望ましかったのです。しかし、今では電話で本人確認ができれば審査にはさほど影響していません。逆に言うと、電話がつながらない申込者の審査落ちは確実と言えます。なので、日中つながる携帯電話を必ず用意し、本人確認電話に備えましょう。

まとめ

  • 自営業は3年、勤続は1年が1つの最低ライン。
  • クレジットカードを作るなら20代のうちにつくろう。
  • 30代で初めてのクレジットカードなら、審査が甘いところから始めよう。
  • 年収は200万円以上ならカードは作れる。年収は正直に申告しよう。
  • 住民票や免許証の住所と入力の住所は同一にしよう。